"On ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux."

(心でしかよく見えないんだよ。大切なものは目には見えないんだ。)

-Antoine de Saint-Exupéry アントワーヌ・ドゥ・サン=テグジュペリ ( 1900 - 1944)

 

これは、飛行家であり小説家であるアントワーヌ・ドゥ・サン=テグジュペリの不朽の名作『星の王子様』”Le Petit Prince”の中の一節です。

 

星の王子様は日本でも大変有名な童話ですね。原書は、わかりやすく、かつ、宝石のように輝く美しいフランス語でつづられています。

 

その中でも有名なのが、星の王子様が出会ったキツネのこの言葉ではないでしょうか。

 

情報化、グローバル化にともない、様々な価値観が交流しやすい世の中になりました。

それにもかかわらず、排他的な社会の側面、「勝ち組/負け組」といった言葉、またそれに基づくような価値観が相変わらず根をはっているように思います。

今では、自分の「大切なもの」さえわからずに苦しんでおられる方も多いように思いますし、わかっていても、その価値観が揺らいでしまうような事態に直面することも多いと思います。

 

そんなときは、このことばを思い出していただきたいです。

大切なものは、心でしかよく見えません。だからこそ、あなたの「心」を大切にしてほしいです。

心の声を聞き、心の栄養になるようなことに時間をかけてみてください。

 

星の王子様は、心の栄養となるような大切なエッセンスがぎっしりつまっています。

そういう意味でも、フランス語の勉強もかねて、ぜひ一度原書で読むことをお奨めします。

 

--これ!このことば!フランス語名言集TOPへ--

 






© 1990-2018 KOKUBO Communication all rights reserved.