フランスでの手紙・カードの書き方・使い方II-カード編

前回の『フランスでの手紙・カードの書き方・使い方I-手紙編』に続き、今回はカードにフォーカスしてご説明します。

 

  • カードの大きさ・色・厚み
  • これは白の厚めのブリストル紙を使います。

    日本で時々使われる、木目のものやプラスティクなどは、商業用以外には使いません。

    サイズは、155*110mm、105*80mm、120*80mm、95*65mm、60*30mmなどいろいろとあります。印刷屋さんと相談して自由に決めてかまいません。ただし、規格外の大きさにするとカードにあった大きさの封筒も特注することになりますから少々面倒です。

     

  • 印刷の様式
  • カードには姓名だけを印刷したもの、姓名と住所を印刷したもの、夫婦共用のものなどがあります。

    コクボコミュニケーションのフランスマナー教室

    コクボコミュニケーションのフランスマナー教室

    コクボコミュニケーションのフランスマナー教室

    コクボコミュニケーションのフランスマナー教室

    社会的にある程度重要な地位を表示した夫婦共用を作るときは、

    コクボコミュニケーションのフランスマナー教室

    のように書きます。

    あまり日本人には関係ないかもしれませんが、貴族の称号を表記するときには Monsieur やMadame を書きません。従って、

    コクボコミュニケーションのフランスマナー教室

    あまり重要ではない役職の場合には、姓名の前には書かずに下に書きます。したがって、

    コクボコミュニケーションのフランスマナー教室

    のように書きます。

    いずれにせよ、商業上のカードなどですべての役職を表記したいときは別にして、私用のカードでは主なるタイトルをひとつだけ表記すれば十分です。

    またある種の栄誉号や公職は商業用のカードや便箋に表記することが禁じられていますから注意が必要です。

    字体はなるべき単純なものにします。イギリス風字体はエレガントで単純といえます。ゴシックはなるべく避けるようにします。

    しばらく前までは、未婚の女性の場合には、姓名の前に Mademoiselle をつけました。また既婚の女性の場合には、本人の名前を書くことはしませんでした。今日では、働いている女性も多く、中には重要な社会的地位についている人も少なくありません。従って、まったく男性と同格に扱ってカードを作ってもかまわないと思います。

    よき時代の昔ながらの習慣を維持するかどうかは、本人の嗜好で決めてよいと思います。 この場合も普通の印刷と銅板印刷があります。銅板印刷のほうが大分高くつきますが断然エレガントです。

     

  • お勧めの印刷屋
  • 印刷屋さんとしては下記の3軒を上げておきます。いずれもパリに古くからある印刷屋さんでサービスも技術も信用できます。

     (1) Benneton

    75, boulevard Malesherbes 75008 Paris

    Tél.01-4387-5739

    (2) Stern

    131, rue du Faubourg Saint-Honoré 75008 Paris

    Tél.01-4508-8645

    (3) Cassegrain

     422, rue Saint-Honoré 75008 Paris

    Tél.01-4260-2008

     

  • カードの書き方・使い方
  • 名刺はフランス語では carte de visite といいます。そしてその名のとおりに、左上の角を折ったカードを直接持ってゆくかあるいは郵送するのが、訪ねて挨拶に行ったことにあたいしました。

    たとえば引っ越してきたときに近隣にこうしてカードを配りました。このときは左下角に P.F.C.(pour faire connaissance) と書いておきます。転勤してきた場合も同様です。 逆に引っ越すときや転勤して行くときにはP.P.C.(Pour prendre congé)を左下に書いておきます。

    注意しなくてはいけないのは、カードはいくら銅板印刷のエレガントなものでも、略式です。従って、大切な家族、恩義を深く感じている人、直接の上司、年配の人、社会的地位の高い人に出すときにはきちんと手紙を書きます。あるいは弔問、お祝いの言葉などもきちんと手紙にします。 これらの基本を頭に入れておいて、下記の場合に状況や相手のことを考えてカードを使います。

    (1)お礼を言うとき。    

    *花そのほかの贈り物をもらったとき。   

    *招待を受けたときお礼を述べて出欠を伝えるとき。    

    *昼食や晩餐のお礼を言うとき。    

    *自分があるいは家族や親戚が何かお世話になったお礼を言うとき。   

    親戚や友人宅へ宿泊したときには、カードでお礼を言わずに手紙を書くべきです。

     (2) 次のようなお祝いを述べるとき。    

    *家族の幸福なる出来事の折(出産、洗礼、聖体拝領、婚約、お祭り、誕生日等々)    

    *試験やコンクールの成功    

    *任命、出世、栄誉号受賞等々の折

    (3)次のようなときに共感を伝えるため。    

    *葬式の折(親戚、友人、直接の上司については手紙を書くことが必要)    

    *手術や病気の折    

    *物質的あるいは精神的な試練困難のとき

    (4)次のようなものに添えて。    

    *贈り物、本、写真等々    

    *借りた本を返すときなどに

    (5)祈願を表すために。    

    *新年の折に

    (6)新しい住所を伝えるため或いは相談料等を請求するとき。

    カードで書く場合には常に第三人称で書きます。もちろんサインもしません。 ただしよほど親しい人にメモ的に送るときには、印刷されてある姓名を横線で消して、一人称と二人称で書くこともできます。この場合には、サインをします。

    (例1)花をもらったお礼。

    Madame Yoshio KOKUBO

    très touchée, de son aimable attention, remercie Mademoiselle Yamada des fleurs ravissantes qu’elle vient de recevoir et lui adresse son affectueux et fidèle souvenir.

    (例2)晩餐への招待へのお礼と出席の返事。        

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    remercientvivement Madame Yamada de son aimable invitation à dîner, le 20 janvier, qu’ils acceptent avec plaisir et prient d’agréer l’expression de leurs sentiments respectueusement dévoués.

    (例3)招待へのお礼と欠席の返事。

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    expriment à Monsieur et Madame Yamada leurs très vifs regrets de ne pouvoir accepter, en raison d’un engagement auquel ils ne peuvent se soustraire, leur aimable invitation à laquelle ils ont été très sensibles. Ils les prient d’agréer l’expression de leurs sentiments les plus amicaux.

    (例4)晩餐へ招かれた後に出すお礼。

    Yoshio KOKUBO

    prie Madame Yamada d’agréer ses respectueux hommages et ses remerciements pour son charmant accueil au dîner auquel elle avait bien voulu le convier.

    (例5)結婚式の招待への出席の返事。         

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    adressent à Monsieur et Madame Taro Yamada leurs très vives félicitations à l’occasion du mariage de leur fille Hanako ; ils les remercient de leur aimable invitation ; ils seront heureux de s’unir à leur joie le 20 avril et de présenter, de vive voix, leurs vœux de bonheur aux jeunes époux.

    (例6)結婚式の招待への欠席の返事。        

     M. et Mme Yoshio KOKUBO

    prient Monsieur et Madame Yamada d’agréer leurs chaleureuses félicitations pour le mariage de Mademoiselle Yamada et leur demandent de bien vouloir transmettre leurs vœux de bonheur aux futurs jeunes époux ; ils les remercient de leur aimable invitation, mais dans l’impossibilité où ils sont d’assister à la cérémonie et à la réception qui suivra ; ils s’uniront, par la pensée, à leur joie, le 20 avril.

    (例7)レジヨン・ドヌール勲章を受賞した人へのお祝いのカード。

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    adressent à Monsieur Taro Yamada leurs très vives félicitations pour sa nomination dans l'ordre de la Légion d'honneur dont ils se réjouissent personnellement.

    (例8)病気見舞いをカードで。

     M. et Mme Ysohio KOKUBO

    adressent à Mademoiselle Hanako Yamada leurs voeux de prompt et complet rétablissement et l'assrent de leur amitié fidèle.

    (例9)

    子供の先生などにお礼に何かを贈るときに添えるカード。

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    prient le Professeur Taro Yamada d'accepter ce modeste présent en témoignage de leur gratitude et de leur respectueux dévouement.

    (例10)あまり近くない人には弔辞もカードで済ませることも可能です。しかし、手紙のほうが丁寧です。カードの例の下に、ドゴール将軍が手紙で出したお悔やみをあげておきます。

     M. et Mme Yoshio KOKUBO

    profondément affectés par le deuil qui l'éprouve, prient Madame Taro Yamada d'agréer l'expression de leur sympathie et de leur respectueuses condoléances.

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    prennent la plus grande part à l'épreuve qui frappe Monsieur Taro Yamada et lui adressent en cette triste circonstance l'expression de leur sympathie et de leurs sentiments de fidèle amitié.

    以下にドゴール将軍のお悔やみの手紙を上げておきます。

    Chère Madame,

     c'est du fond du coeur que je prends part au si grand chagrin qui vous frappe et frappe les vôtres. Vous savez quelle haute, et j'ajoute, amicale estime j'avais pour le président Francisque Gay, pour ses éminentes qualités de champion d'idées et d'action, pour le courage qu'il a noblement montré tandis que c'était le plus difficile. Il fut mon bon compagnon au cours de notre combat contre l'ennemi. Je salue sa mémoire avec une profonde émotion. Ma femme, chère Madame, s'unit à mes sentiments et me charge de vous dire qu'elle est près de vous dans la pensée. Et moi je vous prie d'agréer mes hommages les plus respectueusesment attristés. Charles de Gaulle Madame,

    Avec émotion, j'apprends la nouvelle de l'immense chagrin qui vient de vous frapper. Par sa personnalité, par son talent, par l'autorité avec laquelle il anima, pendant tant d'années, le journal Le Figaro, le président Pierre Brisson tenait une place éminente dans les lettres et le journalisme français. Je mesure également l'étendue de l'épreuve que sa disparition est pour vous et pour votre fils. Aux condoléances bien sincères que je vous adresse, ma femme me demande de joindre l'expression de sa sympathie émue.

    Charles de Gaulle

     

  • グリーティングカード
  • 年末年始の挨拶、クリスマスカード、誕生日等々いろ色とカードを送る機会があります。年末年始・クリスマスのカードも普段ご無沙汰している人たちとコンタクトを保ちニュースを得るよい機会です。

    年末年始・クリスマスのカードは原則として、会社の同僚や上司など毎日のように会っていて口頭で挨拶のできる人には送りません。 ではどんな人に送ればよいでしょう?

    *カードを送ってきた相手への返事として(この場合単なる印刷のカードを送ってきた人には返事を出す必要はありません)。

    *親戚や友人で強い絆があるが普段なかなか会えない人たち。

    *昔の上司やボスで現在でも恩義を感じてコンタクトを保っておきたい人。

    *助けられたり、贈り物をもらったり、何かの折にグリーティング カードを受け取ったりした人たちで、感謝・恩義を感じているとき。

    *ここ一年間にカクテル・昼食・晩餐或いは泊りがけで招待されたことがあるとき。

     

    年末年始・クリスマスのカードは1月いっぱいがタイムリミットですが、遅くとも1月15日までには送るようにします。できれば12月25日前に送ればクリスマスの挨拶にもなります。

    おじいちゃん・おばあちゃん、年配の親戚や友人、上司・教授・司祭などの社会的地位の高い人で敬意を表す必要がある場合には、カードを使わずに手紙を書きます。 簡単に済ませてもよい人の場合には、名刺を使うことも可能です。ただしこの場合でも、月並みに陥らないように、自分と相手の人柄をよく反映した言葉を書くことです。           

    Taro Yamada  

    vous adresse ses meilleurs vœux.

     などというのは出さないほうがいいくらいです。

    (例1) 長い間あっていない人に。              

    Yoshio KOKUBO

    n’ayant pas eu le plaisir de vous revoir depuis longtemps, tient, à l’occasion de la nouvelle année, à vous exprimer la fidélité de son souvenir. Il vous espère en bonne santé et vous adresse ainsi qu’à Madame Yamada et votre famille, ses vœux affectueux de bonheur et de joie.

    (例2)受け取ったカードに対する返礼。            

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    très touchés de vos aimables vœux, vous en remercient et vous offrent, à leur tour, leurs souhaits les plus cordiaux pour une heureuse année, en espérant qu’ils auront bientôt le plaisir de vous revoir.

    (例3)標準的な年末年始のカード。

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    prient Monsieur Taro Yamada de bien vouloir agréer, à l'occasion de la nouvelle année, leurs voeux de santé, de bonheur et de joie pour lui-même et tous ceux qui lui sont chers.

    M. et Mme Yoshio KOKUBO

    adressent à Monsieur et Madame Taro Yamada et à leurs enfants l'expression de leur fidèle souvenir et leurs meilleurs voeux, souhaitant que cette année nouvelle leur donne l'occasion de les revoir.

     

    私たちの時代はPCで一枚一枚絵入りのカードを印刷できますから、自分のデッサンや美しい景色或いは品のよい絵などを使うのもよいですね。そんなときも添える言葉は、自分と相手そして状況によくマッチしたものを考えます。

    (例1)誕生日カードに添える言葉。(Christian Lacroix の言葉)

    Je vous souhaite d’être heureux, car c’est trop tard pour vous souhaiter un succès qui ne fait déjà aucun doute.     

    なかなか気が利いていますよね。

    (例2)誕生日カードに添える言葉。

    娘が成人になった誕生日にこんな言葉を添えた人もいます。      

    Tu sais, si tu n'étais pas ma fille, je serais très honorée que tu sois mon amie.

    (例3)美人秘書の誕生日を祝って一生懸命働いてもらうには、ロゼのシャンペンとこんな言葉はどうでしょう?

    Vivez si m'en croyez, n'attendez à demain. Cueillez dès aujourd'hui les roses de la vie.

    (例4)クリスマスと年末年始の手製のカードに付け加える言葉のヒントになりそうなものをいくつかあげておきます。       

    *Accroche tes rêves à une étoile.     

    *Il est grand temps de rallumer les étoiles.     

    *Pour préparer un arbre de Noël, il faut trois choses, outre les ornements et l'arbre, la foi dans les beaux jours à venir.       

    *A Noël, amusons-nous, profitons-en, car Noël, ce n'est qu'une fois par an !     

    *La recette du succès : suivre sa propre voie.     *Il ne dépend pas de toi d'être riche, mais il dépend de toi d'être heureux.     

    *La joie des autres est une grande part de la nôtre.

     

    少々脱線ですが・・・サンタクロースはなぜ自分で贈り物を配達するのか? という問いにこう答えた人がいます。

    Quand on va dans un bureau de la Poste et qu'on voit comment les employés der la Poste manipulent les colis, on comprend mieux pourquoi le père Noël tient à apporter ses cadeaux lui-même.

     

    --フランスマナー教室:冠婚葬祭の基礎知識TOPへ--

    --フランスマナー教室:冠婚葬祭の基礎知識TOPへ--


    © 1990-2018 KOKUBO Communication all rights reserved.