フランスにおいて夜中に急病や歯が痛くなったら?

時として夜中に急に体調が悪くなったり、歯が痛くなったりすることがあるものです。そんなときに頼れる病院をご紹介します。

 

  • ピチエ・サルペトリエール病院
  • 西の郊外のアメホス(Hôpital Américain) や日本語の話せる医師などもパリ市内にはありますから、最近はそんなに不便はしないのかもしれませんが、パリの東にある、ピチエ・サルペトリエール病院もお勧めします。

    24時間体制で受け付けてくれますから、深夜や週末などの急病や歯が痛くなったときには便利です。

    1964年に、Hôpital Pitié とHôpital Salpêtrière が合併して出来たこの総合病院は、昔は名前のとおり、火薬の製造場所であったり、刑務所であったり、浮浪者の収容所であったり、狂人の収容所であったりという歴史を持っていますが、現在では、精神病理学や癌では世界的に有名な病院でもあります。

    精神病理学の生みの親のシャルコー(Jean-Marin Charcot) もこの病院の医師でした。

    Hôpital Pitié-Salpêtrière

    47-83, boulevard de l'Hôpital

    75013 Paris

    Tél; 01-42-16-00-00

    e-mail contact.patients@psl.aphp.fr

     

    ※情報は掲載時点のものです。また、あくまで一般論であり、背景の異なる個別のケースでは該当しない場合もあります。最新の情報やお客様のケースにあった情報につきましてはお問合せください。

     


    --フランスでの成功のコツ:生活編TOPへ--

     






    © 1990-2018 KOKUBO Communication all rights reserved.