フランス生活を安心して実り豊かに過すために

独立自営にせよ、会社の海外駐在にせよ、現在活動なさっておられる方、これからそうしようと考えておられる方、色々と夢を描くと同時に色々と不安を感じておられると思います。

やさしい同質の日本の社会と違い、多文化の非情な国際社会で起こる不意の出来事を前にして、どんなに有能な人でもそれに対処する能力には限界があります。

 

例えば、次のような不意の出来事、緊急の必要性ができた時、皆さんは、友人や知人の中に協力援助をしてくれる人がおられますか。

(1) 深夜自宅で子供が高熱を発してひきつけてしまった時、電話一本で往診してくれる開業医。

(2) パートナーが癌などの重大な疾病の疑いに悩んでいる時、権威ある診断を下してくれる専門医、あるいはそういう専門医を紹介して くれる人。

(3) 家族に応急手当、緊急手術などの手当てを要する急病人が出た時に、緊急入院を頼める病院経営者。

(4) 親族の死亡など思いがけない相続事由が発生し、相続税、贈与税などの重大な税金対策が必要になった時、専門的助言を してくれる税理士、税務関係官庁の役人。

(5) 息子や娘の非行事件、重大な人身交通事故、強窃盗、詐欺などの刑事事件の被害発生など、身辺に重大な刑事事件が起 こった時、相談相手になってくれる弁護士。

(6) 同様の困った事件に見舞われたとき、力になってくれる警察・検察関係者。

(7) 斬新なプロジェクト、新製品、新政策等の積極的な広報活動が必要になった時、それに協力してくれる広告代理業者、政 治部、経済部、学芸部などの部局の新聞人など広報関係者。

(8) 逆に組織または個人の名誉や威信を失墜させる恐れのある事件・事故、スキャンダルなどについて週刊誌や新聞のパブリシテ ィーを避け、被害局限を図るための消極的広報活動をしなくてはならない時に、支援が期待できるマスコミ関係者。

(9) 暴力団、サラ金、過激派、番長グループなど、合法・非合法すれすれの線での脅迫恐喝、嫌がらせなどに巻き込まれた時、 親身になって問題解決に協力してくれる警察関係者などの実力者。

(10)日照権、騒音、公害問題など地域住民運動を進めるに当たって支援してくれる政界関係者、社会運動団体関係者。

(11)資金を緊急調達する必要が生じた時、頼りになる銀行関係者、融資能力のある友人。

(12)親の危篤、親戚の急死などよんどころない事情から緊急に切符を入手する必要が生じた時、航空会社運輸業関係者で便宜 供与をはかってくれる人。

(13)結婚式、葬式、法事、出版記念会など、祝儀、不祝儀、冠婚葬祭諸行事を取り仕切ってくれる人。

 

これらのネットワークを日常から心がけて行けば、あなたの海外生活は、実り豊かなものになるでしょう。 さらに、このような緊急の必要性とは別に、ノイローゼにならんばかりに人知れず思い悩んでいる事を何でも打ち明けて相談できる信頼できる人を持つことです。

 

 

--フランスでの成功のコツ:生活編TOPへ--

 






© 1990-2018 KOKUBO Communication all rights reserved.