車を違反車両置き場から取り戻すには?

フランスで車がなくなった場合、違反車両保管所へ車を持ち去られてしまうか、あるいは盗難になった時です。対処法を説明します。

 

  • 違反車両保管所へ持ち去れるのはどんな時?
  • 違反車両保管所へ車を持ち去られてしまうのは、主に車が交通を妨害している場合が多いのですが 、そのほか車検が切れているなどの別の理由で運び去られることもあります。

    こうして運び去られた車を取り戻すための手続きは厳密な規制があります。

    以下にどんな場合にこうして車が運び去られてしまうのか例を挙げておきます。

    *車検が有効でない場合。

    *指摘された修理等がなされていない場合。

    *風光・環境等に関する規制を犯している場合。

    *何か重い罪を犯して車が差し押さえられた場合。

    *駐車違反の場合 : 歩道に駐車してある場合。特定の人や用途に充てられた場所へ駐車してある場合。駐車場の出口に止めてある場合。二重駐車してある場合。路上の同じ場所に何回も駐車してある場合。交差点などの視界を遮る場所に駐車してある場合。

    こうして違反車両保管場所へ運び去られてしまうと、17ユーロから180ユーロの罰金(一等級から四等級の違反の場合)あるいは免許証のポイントを取られるということも起こります。

     

  • 車が突如なくなったら
  • あなたが駐車しておいた場所にあなたの車がなくなっている場合にまずしなくてはならないのは、あなたの車が違反車両保管場所へ運び去られたのか盗まれたのかを確認することです。

    そのためには車が置いてあった場所を管轄している警察あるいはジャンダルムに連絡を取ります。この管轄の警察やジャンダルムがどこかわからないときには、service-public.fr のサイトに入って、車が駐車してあった場所の郵便番号を入れると調べることができます。

    あとは大きな都市でしたら、違反車両保管場所へ電話をして、自動車の番号を伝えれば確認することができます。

    こうして確認しようとしてもうまくできなかった場合には、待っていれば、あなたの自動車を運び去った担当官は、三日から五日以内に書留であなたに通知する義務がありますから、通知が届きます。この通知には、この車の持ち運びを行った担当の役所の名前、違反者保管場所の住所、違反者引取りのための期間と手続きについて記載されています。

    この通知が届かない場合にはほとんど確実に車は盗難にあったといえます。

    この確認はパリとナントではインターネットですることができます。ただしこの場合には、車がフランス国内で登録されていることが必要です。

     

  • 持ち去られる瞬間に遭遇したら
  • あなたの車が運び去られようとしているときに、あなたがその場所に戻ってきた場合、車の4輪がまだ地上についている場合には、あなたが車を直ちに移動させ必要な罰金等を即座に支払うかあるいは支払う旨を書面にしたためれば、その場で車を取り戻すことができます。

    この時に支払うべき費用は罰金のほかには、すでに始められて違反者移動の費用の一部も含まれます。またこの時に違反者を動かなくするための車枷がはめられていると、それを外すための費用が加わります。さらにこの時にすでにクレーン車が来ていればその費用も加わります。

     

    ※情報は掲載時点のものです。また、あくまで一般論であり、背景の異なる個別のケースでは該当しない場合もあります。最新の情報やお客様のケースにあった情報につきましてはお問合せください。

     


    --フランスでの成功のコツ:生活編TOPへ--

     






    © 1990-2018 KOKUBO Communication all rights reserved.